上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.11 竜飛旅行 -1-
ブルーウッズベーカリーでパンを食べながら向かった先は、竜飛岬!

本来、ブルーウッズベーカリーでパンを買う事だけが目的だったのですが、朝起きた時、「パンを買ってからどうする?」と言う事になり、「深浦・・・、碇ヶ関・・・、竜飛に行こうか!!」と突然決まりました♪(笑

朝8時にパンを購入し、青森市経由で竜飛へ!

途中、平舘のキャンピング場や海水浴場なども見学し、お昼過ぎに竜飛に到着しました♪

出発した時は晴れだったのですが、ここ竜飛は霧がかかって風も強く、かなり寒かったです・・・(汗

さて、竜飛といえば、青森県と北海道を結ぶ海底トンネル!

その記念館がこちら!

IMG_0569.jpg





かなり古くなってきている青函トンネル記念館。

建物自体はそんなに大きくなく、館内の展示スペースもかなり小さいです。

IMG_0567.jpg




その中で、2階にあるシアター室では、青函トンネルが今までどのように作られてきたか・・・その歴史が紹介されています。

私は上映の途中から見たのですが、その内容に胸が熱くなりました・・・

この青函トンネルを開通させるには、60年くらい?(私が産まれるずぅ~っと前・・・)月日がかかり、親子三代にわたって採掘した人もいるという・・・

前代未聞の海底トンネル。

沢山の作業員の犠牲の上に出来上がった青函トンネルは、歴史をしるとただのトンネルとは思えないです。

青函トンネルを通る前は、一度ここ「青函トンネル記念館」を訪れてから青函トンネルを通って頂きたいと思います。

そうすると、ただ真っ暗なトンネルを、青森から函館まで通るのじゃなく、青函トンネルに携わった人々の思いを感じられるとおもいます♪


この他、海底トンネルまでトロッコで行けるコースもあるんですが、夏用にただ半袖で来た我が家族ですので、寒さのため断念しました(苦笑

書いてトンネルまでトロッコで行きたいという方は、洞窟の入るような準備も必要かと・・・(苦笑

寒さ対策のために、上着を一枚持ってきて下さいね♪





blogram投票ボタン
◆◇ 今日のキーワードは、『トンネル、竜飛』 ◆◇
←記事の内容とクリック数で、ポイントが付きます☆ 1クリックお願いします♪






◎トキワ養鶏さんのブログです!
  ↓↓          ↓↓
  ■□トキワ養鶏通信■□
http://tokiwa-egg.at.webry.info/



   









Secret

TrackBackURL
→http://nattokuya.blog97.fc2.com/tb.php/690-78c0189e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。