上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青森県もずいぶんと寒くなってきました。

もう12月!
早いのもで、今年もあと1ヶ月ですね。

この時期になると、大鰐町の大鰐温泉もやしの生産が最盛期を迎えてきます。

地元のスーパーの店頭でも、大鰐温泉もやしが結構見られるようになってきます。


後継者不足でいずれは大鰐温泉もやしがなくなってしまうのではないか?と言う事もあり、大鰐町で後継者の募集をして採用されたのが、以前、漫画「美味しんぼ」にも登場した山崎さんご夫妻。
ちょくちょく新聞やテレビに登場する藤田さんの指導とご協力を得て、大鰐温泉もやしの生産に取り組んでいます。

大鰐温泉もやし 057

しかし、生産者が高齢化し、昨シーズンで引退した生産者もあります。

これから益々希少化されていきます・・・

この美味しい大鰐温泉もやしを、何とか後世に残していきたいものです。






大鰐温泉まめもやしの一番美味しい食べ方は、やはり油炒めですね!

さっそく相性抜群の豚肉と炒めてみました♪

もやしは、あまり炒め過ぎないのがコツですね!

大鰐温泉もやしの風味と歯応えが、おもいっきり味わえます!

大鰐温泉もやし炒め

人参と糸こんにゃくも入れて、更に栄養抜群!!

【もやし】
もやしは、ビタミンC、食物繊維が豊富な食品です。
これらの栄養素のおかげで、動脈硬化や成人病の予防に効果があるとされています。
消化酵素のアミラーゼを含んでおり、アミラーゼは胃腸の機能を整え、食欲不振を解消してくれるので、食欲が無いときには、効果があると言われています。
また、もやしに含まれるたんぱく質は、他の野菜に比べて豊富です。
カルシウム、カリウム、鉄なども、豊富に含まれています。
豆と芽の部分には、食物繊維を多く含むので、便秘や肥満の予防、動脈硬化、糖尿病などにならないためのの健康維持に役立ちます。
脂肪の代謝を高めるビタミンB2を含むので、ダイエットにも向いているといえます。
(参照:健康管理に役立つ食品事典

【豚肉】
豚肉は必須(ひっす)アミノ酸をバランスよく豊富に含み、吸収効率にも優れた良質のタンパク質源です。
また豚肉の脂肪は酸化しにくいため、効率のよいエネルギー源となります。
豚肉に多く含まれる飽和脂肪酸のステアリン酸や一価不飽和脂肪酸のオレイン酸は、血清コレステロール値を下げたり、必要以上に上昇させない作用を持つことが知られています。
豚肉に豊富に含まれるビタミンB1は、スタミナのもとになる重要な栄養素です。
豚肉にはほかの食肉と比べてビタミンB1が数倍も含まれており、豚肉100gを食べるだけで、1日の必要量を満たすことができます。
しかも加熱しても壊れにくく、体内での吸収効率に優れています。
(参照:畜産ZOO鑑

【人参】
人参には、β-カロチンやビタミンAが豊富で、活性酸素の働きを抑制する作用によりガンを予防したり、免疫力を活性化し、風邪を予防する効果があります。
また、ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎ、潤いを与えてくれます。
また、目との関係が深く、パソコンの使いすぎで目が疲れている現代人に多いドライアイを防ぐ役割もあります。
他にもにんじんには、ビタミンB1・Cなどのビタミン群、カリウム・鉄・カルシウムなどのミネラル成分もバランス良く含まれ、便通を促し、コレステロールや体の毒素を排出する働きがある食物繊維も豊富であります。
(参照:医学・健康情報サイト J-Medical

【こんにゃく】
こんにゃくは、97%が水分と言われ、栄養価はほとんどありません。
しかし、グルコマンナンという人の消化酵素では消化できない食物繊維を含んでいます。
この食物繊維は、消化されずに腸まで届くため、腸の働きが活発になり、腸内で体内の老廃物や毒素を吸収し、体外に排出する働きがあります。
コレステロールも吸収する働きもあり、血糖値を下げる効果もあると言われています。
便秘を防ぐだけでなく、糖尿病などにならないための健康維持に役立ちます。
(参照:健康管理に役立つ食品事典



こんにゃくの硬さは地域や生産者によって様々ですが、石坂屋食品の糸こんにゃくとの相性は抜群ですね!

程好い弾力が、大鰐温泉もやしのシャキシャキ!感を引き立ててくれます♪


【大鰐温泉まめもやし】http://nattokuya.ocnk.net/product/31

【石坂屋 糸こんにゃく】http://nattokuya.ocnk.net/product/15






Secret

TrackBackURL
→http://nattokuya.blog97.fc2.com/tb.php/374-12f226d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。